ホワイトニングを考えている人に必ず読んで欲しい!私の体験談

ホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングのメリットについて

病院で行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」と呼びます(自宅で行う場合は「ホームホワイトニング」)。

オフィスホワイトニングのメリットは次のようなものがあります。

メリット

  • 短期間で効果が得られる
  • 失敗が少ない
  • 歯を削ったり傷めたりしない

順番に見て行きましょう。

(1)短期間で効果が得られる

オフィスホワイトニングは時間の節約になる

オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤を用い、専用の医療用レーザー機器で歯の表面を漂白して本来の色に近づけていく治療です。

そのため家庭でのホワイトニングに比べ1回あたりの施術時間が短く、通う回数も少なく済むという特長があります。

自宅で行う場合は安全に配慮した弱い薬剤しか使えませんので、マウスピースを使って長時間に渡り歯を「漬けておく」ことになり、どうしても不自由さは否めません。

通院時間さえ確保してしまえば余計な手間がかからないというのは、忙しい社会人にとって大きなメリットとなります。

(2)失敗が少ない

オフィスホワイトニングは失敗が少ない

市販のホームホワイトニング剤はそもそも効果が不明な「自称ホワイトニング剤」と言うべきものも多く、試してみたけどほとんど効果がなかったというケースも散見されます。

効果があったらあったで、自動車の塗装も落とせるような強力な研磨剤が入っていて歯そのものがボロボロになるという洒落にならない商品があるとも聞きますね。

病院のレーザー治療であれば医師の監督下で手慣れた衛生士さんが作業を行いますので、(絶対とは言いませんが)失敗する確率はかなり低く、お金さえ払ってしまえば後はのんびり寝ているだけ終わります。

安い市販のホワイトニング剤を半信半疑で使うのか、確実に効果があるけどやや値段の張る専門機関で治療するのか。当サイトの管理人は「安物買いの銭失い」が大嫌いなので、最初から後者を選びます。

(3)歯を削ったり傷めたりしない

ドリル

人間の歯は不便なもので、永久歯になってしまったらもう生えてきません。削ったり抜いたりしたらもう一生そのままです(早く再生医療が実用化されて欲しい分野ですね)。

歯の表面を削り、磨いて白くするといったホワイトニング手法も中にはありますが、レーザーを用いたオフィスホワイトニングであればその心配はいりません(ただし施術中の痛みはあります)。

一度白くなった歯も生活習慣によって数年後にはまた着色してしまいますが、レーザーホワイトニングは歯を傷めることがないため何度でも繰り返し治療し、その度に歯を白くすることが可能です。 

コメントはこちら

DigiPress
*

Return Top